FGO外れサーヴァント紹介

FGO外れサーヴァント紹介

このブログでは、スマホゲーム 「Fate/Grand Order」における 弱いサーヴァントを紹介していきます

第十二回弱鯖紹介 『ジル・ド・レェ(セイバー)』

第三スキルは強い

第三スキルは強い

第三スキルは強い

 

 

第三スキル「だけ」は強い……

 

 

今回紹介するサーヴァントは、レアリティ:☆☆☆

CLASS:セイバーの「ジル・ド・レェ」です。

同レアに術のジルがいますが、あっちよりはだいぶましなんですけど

やっぱり「弱鯖」と言わざるを得ない性能してるかなって……

では早速、どこが弱いか解説していきます。

 

 

0.5:その前に

セイバーのジル、以下剣ジルと表記しますが

コイツの主な強みは「宝具による凄まじい攻撃力バフ」と

持続ターン・CT・倍率ともに優秀なスキル「プレラーティの激励」

にあるというのは、使うなりwikiで性能見るなりすればわかると思います。

 

 

宝具による攻撃力バフは、宝具レベル5にすると持続2Tの倍率100

「プレラーティの激励」はスキルマにするとCT5・持続5ターンのB強化倍率40

合わせると素の攻撃と比べて2倍のダメージをたたき出していきます。

更に、セイバーでありながらクラススキルとして「狂化:EX」を持つため

宝具のバフがなくてもある程度Bによるダメージが出ます。

なんだ強いって思うじゃん?

 

 

1:性能の噛み合わなさ

Bで殴れば強いのに攻撃宝具じゃないうえBが2枚しかないです。

自慢のB強化が、これじゃ台無しだぁ

 

更に言えば、攻撃バフはたった2Tしか続きません。

「たった?」と言われそうですが、宝具を発動すると防御50%ダウンが3T付くため

火力が上がるからいい、というものではありません。

当然の権利のように防御系スキルは一切ないです。

おまけでスターが付きますがOC100%だと5個しか出ないため本当におまけです。

 

自分が攻撃宝具ではないのに「軍略」を持つ

初期鯖でカード性能悪いから「黄金律」の効果を殴られないと実感できない等

その他二つのスキルとかみ合わせが悪い部分も多々見えます。

 

軍略に関しては、味方を支援する優秀なスキルだと思うかもしれませんが

自分も攻撃宝具で、いざという時に自己バフとして使えるから優秀なのであって

防御ダウンの性質上介護する味方が必要な剣ジルではちょっと……

弱くはないが困る、強みにはならない、といった感じですね。

 

 

2:役割の無さ

 

この項を見て「ちょっと待って!Bで殴るのが強いんじゃないの?」

と思ったマスターもいるでしょうが、まま、そう焦らないで

 

確かにBで殴るのは強いんですけど、同レア同CLASSに

宝具レベル5にすれば結構な火力を出すうえ支援役もある程度こなせる

自身が攻撃宝具なため自身の持つ軍略を活かしやすい「ベディヴィエール」

サポーターとしての性能がとんでもない上これまたカリスマ、軍略持ちで

自分で殴っても強いわ扇動含め支援性能が高すぎるカエサル

比較対象が揃いも揃って優秀なのがね……

全体宝具だからあえて省いたけど、フェルグスと比較してもウーンってなるゾ

 

更に言うなら、防御ダウンのために弱体解除持ちを連れて行かなければいけない上

そこまでしなくとも星3の火力出すやべーバーサーカー呂布奉先」や

素殴りだけはやばい星2バーサーカーの「カリギュラに盾役つけるとかで

大体似たような、どころかよりわかりやすく強い動きができます。

 

そのため、別に剣ジル入れる必要が無いんですよ。

宝具使わなかったら攻撃の圧倒的バフが無く

2枚しかないBを頼みに戦わざるを得ない、じゃあNP補助や!となっても

そこまでするならベディあたり介護して宝具撃たせた方がよっぽどいいので……

 

 

総評ですが、他のアタッカーと比較されたとき

「剣ジルでないとダメ!」ってなるような明確な強みをつけないといけない

そんな気がします。

介護してようやく並以上の戦力になるようなサーヴァントは

弱鯖認定されても致し方無し……